「赦し」は理解からおこる

新メニューを追加すべくLOVING「シャンティヴェーダ」の効果~過去に対しての赦しも起こります。と書いていたときにふと思った。

「許し」と「赦し」の明確な意味の違いってなんだろう?と。

調べてみたら、「許す」・・・聞き入れる。自由を認める。許可する。

「赦す」・・・刑罰や罪を免除する。過失や失敗などを責めない。

とあった。

 

確かに、LOVINGには効果として、「赦し」という言葉がぴったりくるものが多くあるなと感じる。

それは、構築者であるあやさんがLOVINGの中に叡智(物事のメカニズムに対する理解)を入れ込んでつくっていらっしゃるからだと思う。

施術や講習を受けると、そのテーマに関しての言葉を超えた深い知恵をエネルギーレベルで受け取れるので、本当に変容も大きい。

 

例えば、被害者と加害者も「なぜそうなるのか」というメカニズムがわかることで、それをやっていた過去の自分も赦せるし、

自分のことが心から赦せると、自然に他人のことも赦せるようになる。(これもまたメカニズムですね)

 

理解できると自動的に赦しも発生する。(と、私は思っています)

 

相手や出来事を赦そうとしてものすごく頑張らなくても、深い理解によって瞬時に自分の内側に赦しが広がることがある。

そしてその状態になると、もはや同じような出来事自体を引き寄せなくなるし、もし近くで起こったとしても周りの重いエネルギーの渦に飲み込まれたり、

そこでグルグルと囚われの身になることはない。

出来事を俯瞰して観ることが出来るからだ。

 

私がLOVINGを大好きな理由は、人間が持っている重い課題のようなものを解放し手放して幸せになっていけるだけでなく、

なぜそうであるのか?というメカニズムごと深く理解しながら変わっていけるからだと思う。

(その点において、いちいち身をもって検証し、実感することに関して、もはやオタクといっても過言ではないと思う今日この頃・・・笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です